進行した糖尿病のネコの処置|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

進行した糖尿病のネコの処置

ネコの糖尿病が2例続いてきました。いずれもかなり進行していて治療のかいなく死亡してしまいました。
糖尿病は進行するとケトアシドーシスという病態になり食欲が廃絶します。早い段階で胃チューブや食道チューブをつければいいのですが、人間の御老人に介護でつけるイメージが先行するのか嫌がるオーナー様がおられます。
こちらの説明の仕方が悪かったのか今回も管を留置する前に亡くなりました。新書などで「人にモノを伝える技術」とか言う本が出版されていますが、読みなおして今度こそ救命したいと考えています。


谷 憲一郎
ページ上に戻る