犬の心房細動がきました。|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

犬の心房細動がきました。

心房細動という不整脈の犬が2例続きました。1例目は弁膜障害のきびしい子で2例目は拡張型心筋症を疑っている子です。人の心電図の基準に当てはめて診断しますが、最初のP波がわからなくなってf波という小さな波が見えています。2例とも左心房がすごく大きいので間違いないと思います。人の本で調べたのですが、血栓が脳や肺にできやすいとありました。内服に反応がないときにはカウンターショックとあります。2例中1例はなんとか抗不整脈剤で脈拍数が元に戻っています。あんまり状態の悪い子に心エコー検査もきびしい話なので血栓もチェックできておりません。何とか発作がでないように病院みんなで祈っております。

谷 憲一郎
ページ上に戻る