高血圧の猫が来院しました。|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

高血圧の猫が来院しました。

夜の時間外に電話がかかり『トイレに入れずに腰がフラフラします。』という猫が来院しました。20歳で以前から腎機能が少しだけ低下しています。血圧計自体あまり信用していないのですが、とりあえず測ったら210mmhgありました。(正常値は160以下です。)まあまあと思い、10分後にも20分後にも測ったら200以上ありました。実は以前にも測定して高かったので、クスリでコントロールしていたのですが、途中でもういいかなと考えて休薬していたのです。本には網膜はく離や眼底出血 脳障害や脳内出血など怖い病気がたくさん載ってます。
クスリをまた飲んでいただくことにしました。 で翌日連絡しましたらやはり動きが正常に戻っていました。いやーやっぱりあるんですね。改めて血圧測定の重要性を感じました。

谷 憲一郎
ページ上に戻る