神戸の子供は読書に厳しい。|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

神戸の子供は読書に厳しい。

昨日の休診日に妻と西宮ガーデンズに出かけました。阪急西宮北口駅にあるショッピングビルです。ここは本屋さんが大きいので妻が買い物をしている間、ゆっくりと本を選べるので大好きな場所です。本屋さんには大人が本を選べるように、腰を掛けるコーナーが、あります。で発見したのですが、幼児から小学校低学年の本コーナーにも可愛らしい椅子と机が10個位並べてありました。日曜日の昼過ぎという時間帯だったせいか店内は満員でした。そこで驚いたのですが、その子供コーナーではきちんと、本を机の上に開いて読書する幼児(たぶん小学校3年までかな)数名(9名ぐらい?)がイスと机を占拠していました。店にはレゴの様なおもちゃ系もあるのですが、おもちゃ系で読書を邪魔したり泣き声で読書の調和を乱す者は誰ひとりいませんでした。まるで学校の授業のように全員が精読というのでしょうか、競ってじっくり本の世界に入り込んでます状態になってました。阿倍野の○○カスの本屋さんもよく行きますがオヤジが椅子で本も読まずにヨダレたらして寝ていたりしてますね。レベル高いわ神戸の幼児は。以上、神戸のお子様情報でした。


谷 憲一郎
ページ上に戻る