猫の糖尿病セミナーに参加して|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

猫の糖尿病セミナーに参加して

皆様、こんにちは。
先日、箕面で開催されました猫の糖尿病セミナーに行ってきました。夜遅くにも関わらず、多くの獣医師の方が参加されており、講演を食い入るように聴いていました。講師の先生は東京大学教授の松木先生で、とてもわかり易い講演をしていただきました。
糖尿病になるとおしっこをたくさんするようになり、水もがぶがぶ飲むようになります。また、食欲はあるのに体重が落ちてきたりなどの症状が出ます。心当たりのある方は病院で検査することをお勧めします。糖尿病が進行してくると、犬では白内障になったり、腎臓が悪くなったりなど、猫では神経障害などの合併症を引き起こします。早い段階で病気を見つけて治療することで良好な経過を得ることができますので、早めの検査をお願いします。


桃木 啓輔
ページ上に戻る