早期発見の大切さ|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

早期発見の大切さ

皆様、こんにちは。
この冬、インフルエンザが猛威をふるっていますので、手洗い・うがい等、健康管理には十分注意なさって下さいね。
話は変わりますが、先日、猫の慢性腎臓病のセミナーに参加させていただきました。腎臓は年をとるにつれて機能が徐々に低下していきますが、残された機能が1 / 3以下になって初めて腎臓病の症状が出てきます。最初は、「水をよく飲む」、「おしっこの回数や量が増える」、「やせてきた、毛並みが悪くなった」などの症状が見られます。このような症状が出て、おかしいなと思ってすぐに病院に連れてきていただいても、すでに腎臓の機能の半分以上は低下しています。一度、失われた機能は元には戻りません。そのため、このような症状が出る前に早期発見をして治療を始めることが大事になってきます。人の健康診断では必ず尿検査が実施されているように、尿検査は腎臓の機能を調べる際、非常に有効な手段となります。それは犬でも猫でも同じです。早期発見、早期治療のため、定期的な血液検査および尿検査を行い、健康に過ごしていただけたら嬉しく思います。


桃木 啓輔
ページ上に戻る