診察で大切な「気づき」を学んできました|谷 動物病院 オフィシャルサイト

より深く、親密に。ペットはいわば家族です。谷 動物病院では私たちは家族のようなわんちゃん、猫ちゃんをより深く、親密に診察/治療を行えるようにゆとりのある診療を心がけています。

プリント用ヘッダ

診察で大切な「気づき」を学んできました

皆さま、こんにちは。
寒波が遠のいて、少しずつ暖かい日が出てきました。しかし、未だインフルエンザが猛威をふるってますので、体調管理を徹底して、十分に気をつけて下さいね。
さて、今年もまたこの時期がきました。
横浜。みなとみらい。
そう、年に一度、開催される獣医内科学アカデミーに参加して参りました。
今年もやはり、盛り沢山な内容で、最新の治療や薬について色々な知識を仕入れてきました。なお、今年は、不定愁訴をメインに聞いてきました。不定愁訴というのは、何となく調子が悪そう、いつもと様子が違うなどはあるが、調べてもこれといって異常がないことを言います。治療して上手く行けばいいのですが、元に戻らないということも多々あります。そのような時に、診断の手助けとなる[気づき]について、詳しく講義をしていただきました。知らなければ、もしかしたら命に関わるかもしれない[気づき]は、今後、診療をしていく上でとても大切な知識であると実感いたしました。


桃木 啓輔
ページ上に戻る